佐野泰教のブログです。この地球の美しい場所を訪れて、たくさんの素晴らしい人々に出会って、もっと感動したい。

ビーフン東 東京新橋  台湾料理

今日は東京の出張業務を終えて、会社の同僚と新橋のビーフン東 BIFUN AZUMA へ行きました。
以前に旅行雑誌でビーフン東の「五目ビーフン(焼)」と「中華風ちまき」の写真を見て、「行きたい!!」と思っていました。

 

2016年10月7日 金曜日  東京都
天気:晴れ 気温:24.9℃/19.0℃

 

わかりやすく見やすいビーフン東のサイトです。


戦後に台湾から引き揚げて1947年に新橋で開店された名店です。

 

ビーフン東の入り口
歴史を感じるお店構えです。
店内は清潔感と活気がありました。

 

ビーフン東の厨房
5人ぐらいの男性料理人の方がきびきびと調理をされていました。

 

ビーフン東のお箸
ビーフン東の「東」が見たことのない文字でした。台湾の文字かな、

 

ビーフン東のピータン
ピータンとビール。
実は、ピロリ菌の駆除のために薬を1週間飲まなければならくて、いまは禁酒期間でノンアルコールビールでがまんしました。(T_T)
ピータン 500円(税別)

 

ビーフン東の鶏肉ビーフン
鶏肉ビーフン(焼) 850円(税別)
8種類のビーフンがあり、少し迷いました。(*^^*)
あっさりしておいしかった!!
ビーフンには「焼」と「汁」の2種類があります。
お好みで、にんにく醤油を少しづつ足しながら食べていきます。

 

ビーフン東のあんかけビーフン
あんかけビーフン(焼) 850円(税別)
同僚は、あんかけビーフンを注文しました。
「汁」はどんな味なんだろう?と気になります。

 

ビーフン東の中華風ちまき
パーツァン(中華風ちまき) 700円(税別)
半分にカットしてくれました。
食感もよくピーナッツも入っていましたよ。

 

店舗情報
ビーフン東
住所 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 2F
電話 03-3571-6078
営業時間  [平日] 11:30~13:45(L.O.) 17:00~20:30(L.O.)
[土] 11:30~13:15(L.O.)
定休日 日曜日・祝日

 

“東京都港区新橋2-20-15”

JR新橋駅のすぐ近くなのでアクセスは便利です。

 

サラリーマンの街「新橋」には、名店がたくさんあります。(^_^)

 

明日は、ひとりで東京観光をします。
晴れなら、「上野動物園」、雨なら、「東京国立博物館」へ行く予定です。

 

今後も、

この美しい地球に生まれて

よろしくお願いいたします。

関連記事

プロフィール

ys10_001_blog

このブログの著者:佐野泰教(Yasunori Sano)

1965年4月26日岐阜市生まれ

スポンサードリンク