佐野泰教のブログです。この地球の美しい場所を訪れて、たくさんの素晴らしい人々に出会って、もっと感動したい。

銀座木村家のあんぱん  日本で初めてあんぱんを作ったお店とは

東京旅行の初日の今日は国会議事堂の見学をして銀座へ移動しました。

 

銀座木村屋總本店 銀座木村家

 

銀座木村家
銀座木村家は日本で初めてあんぱんを作ったお店として知られる老舗のベーカリーです。
桜、けし、小倉、白、うぐいす、と5種類のあんぱんを購入しました。
4日間の東京旅行中に「お腹が空いたときに食べよう」と思っています。
店頭には焼きたてが並び5日間の日持ちがします。
162円(税込)× 5個で810円(税込)でした。

 

2016年2月16日 火曜日  東京都
天気:晴れ 気温:9.9℃/1.2℃

 

銀座木村家
1869年(明治2年)創業
創業当時はイースト菌がなかったため日本酒の発酵源として使われていた酒種(さかだね)を使用してつくったのがこの「酒種あんぱん」です。
明治天皇に献上されたあんぱん

飛ぶように売れていました!

 

銀座木村家の店内
現在もこの酒種を使い熟練した職人さんが焼き上げるまでに10日以上も費やしています。

 

 

銀座木村家のあんぱん
つやのある小さめのかわいいあんぱんです。
上品な甘さのおいしいあんぱんです。
それぞれの味が楽しめました。

 

店舗情報
住所 東京都中央区銀座4-5-7
電話 03-3561-091
営業時間  10:00~21:00
定休日 無休

 

“東京都中央区銀座4-5-7”

 

また食べたくなるおいしいあんぱんです。

違う味のあんこの食べ比べも楽しいですよ。

 

今後も、

この美しい地球に生まれて

よろしくお願いいたします。

関連記事

プロフィール

ys10_001_blog

このブログの著者:佐野泰教(Yasunori Sano)

1965年4月26日岐阜市生まれ

スポンサードリンク