佐野泰教のブログです。この地球の美しい場所を訪れて、たくさんの素晴らしい人々に出会って、もっと感動したい。

国会議事堂の見学  近代国家形成への日本人の強い思いとは

2016.02.18

国会議事堂
東京旅行の初日の今日は日本の政治の中心の国会議事堂へ向かいます。

 

総理官邸前
総理官邸前に来ました。
気持ちの良い天気です。

 

2016年2月16日 火曜日
天気:晴れ 気温:9.9℃/1.2℃(東京都)

 

国会議事堂
美しい
小高い丘の上に建つ堂々とした姿は、まるでお城のような美しさに感じました。
塔を中心に衆議院と参議院が左右に配置されたシンメトリーの建築デザインです。

 

国会議事堂は無料で見学ができます。
国会議事堂の見学

 

僕は参観の問い合わせ先の参議院警務部参観係へ電話をして今日の見学が可能であることを確認しました。
TEL 03-5521-7445

15:00から係の方に本会議場傍聴席、天皇陛下の御休所、皇族室、中央広間、前庭など、約60分の案内をしていただきました。

 

国会議事堂
国会議事堂内の装飾は素晴らしかった。
豪華な石材、美しいステンドグラス、重厚な木材、たくさんの絨毯などなど、、
写真撮影が許されるのは見学の最後に屋外の正面からのみの撮影でした。
せめて外側だけでも建物の装飾の素晴らしさを感じていただきたいと思いアップにしてみました。

 

国会議事堂

 

大きさ

敷地面積は103,001㎡
建物の長さは206.36m
ピラミッド型の中央塔の天井までの高さは32.6mもあり法隆寺の五重塔がすっぽり入ってしまうほどの高さがあります。
中央塔のてっぺんまでの高さは65mもあり完成当時としては日本で一番高い建物でした。
国会議事堂といえば「赤い絨毯」が有名ですが、440もの各部屋をつなぐ絨毯の長さは4.6kmもあり皇居の外周に近い長さです。

 

工事

大正9年(1920年)に着工して約16年もの歳月をかけて昭和11年(1936年)に完成しました。
工事費は、約2,573万円
当時の大卒の銀行員の月給は60円だったそうです。
工事に携わった作業員数は約254万人

 

当時の出来事が書かれたサイトのご案内です。

 

国会議事堂の見学のパンフレット
ホテルに帰りパンフレットの写真を撮りました。

 

Data

見学時間:9:00〜17:00
受付は16:00までで予約は不可ですが、荷物チェックなどの時間がかかるため、16:00より少し前に受付をされる方がいいと思います。
※本会議がある場合は開会1時間前から終了時まで見学不可
休館日:土日、祝日、年末年始
受付場所:参議院観覧受付窓口
見学料:無料
TEL:03-5521-7445(参議院警務部参観係)

 

近代国家の形成に向けた日本人の強い思いを感じました。

 

今後も、

この美しい地球に生まれて

よろしくお願いいたします。

関連記事

プロフィール

ys10_001_blog

このブログの著者:佐野泰教(Yasunori Sano)

1965年4月26日岐阜市生まれ

スポンサードリンク