佐野泰教のブログです。この地球の美しい場所を訪れて、たくさんの素晴らしい人々に出会って、もっと感動したい。

半田市のランチと彼岸花

半田市のランチと彼岸花

 

9月22日 火曜日
天気:晴れ 気温:30℃/19℃(名古屋市)

 

和食・会席料理 うさぎ屋

受付では予約の電話がじゃんじゃん鳴っていました。
僕は前日に予約をして良かったです。

 

うさぎ屋 半田市

うさぎ屋さんの入り口

 

うさぎ屋 半田市 ランチ

僕は、1,500円の「花」のランチをいただきました。

 

御案内(お品書き)より、
半田市堀崎町2-1
TEL:0569-26-6363
営業時間
昼の部 11:00〜14:30(14:00オーダーストップ)
夜の部 18:00〜22:00(20:00までにご入店下さい。)
※御予約をおすすめします。
※夜の部は御予約がない場合は休業する場合がございます。
水・第2木曜定休

和食・会席料理 うさぎ屋

 

愛知県半田市堀崎町2−1

 

 

米市商店
お米屋さんの手焼きせんべい
(うさぎ屋さんのすぐ近く)

 

米市商店

新美南吉24歳の作品「空気ポンプ」には「村には見る物がいくらでもあった。鍛冶屋、仕立屋、水車小屋、せんべいや、樽屋、それから自転車屋など」とある。子供は半日立ちつくして見ても飽きず、何度見ても楽しませるーと続く。

 

米市商店

いまは一人でせんべいを焼いているおかみの間瀬昌子さんのお話がすごく楽しかったです。

醤油せんべいは武豊の醤油、
塩せんべいは美浜の塩、
海苔は常滑の海苔、
とすべて愛知県の地元の素材で作られています。

僕は、塩せんべい(540円)をいただきました。
家に帰り食べましたが、少しふぞろいな形に味があって焦げたところが香ばしく美味しかったです。

半田市堀崎町1-47
TEL:0569-21-0176
営業時間 7:00〜16:00
水・木曜定休

米市商店

 

 

うさぎ屋と米市商店さんのすぐ近くの新美眼科さん

 

新美眼科 半田市

レトロな建物

 

 

半田赤レンガ建物
平成27年7月18日(土)にリニューアルオープンしました。

 

半田赤レンガ建物

 

半田赤レンガ建物

 

カブトビール

カブトビール

カブトビール – Wikipedia

 

カブトビールと半田赤レンガ

カブトビールと赤レンガで休憩

 

 

矢勝川堤の彼岸花

 

半田 彼岸花

200万本の彼岸花
平成2年のこと、新美南吉と同じ岩滑に生まれ育った小栗大造さんは、ある壮大な計画を思い立ちました。“南吉がよく散策した矢勝川の堤をキャンバスに、彼岸花で真っ赤な風景を描こう。”ただ一人で草を刈り、球根を植えるその姿に、一人また一人と手伝う人が現れ、やがてその活動は「矢勝川の環境を守る会」へ発展します。こうして現在では、秋の彼岸(9月下旬)になると東西約1.5kmにわたって200万本の彼岸花が咲くようになりました。

 

半田 彼岸花

そよ風で同じように小さくゆれている彼岸花が可愛かったです。

 

半田 矢勝川の彼岸花

真っ赤な彼岸花と緑がよく合います。

 

半田 矢勝川の彼岸花

約1.5kmの散歩は気持ちよかったです。

 

ちょうど1年前に半田市を散策した僕のブログの記事です。

http://earth-blog.net/archives/118

 

【今後の予定】
9月28日(月)は、岐阜県中津川市の予定をしております。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

今後も、

この美しい地球に生まれて

よろしくお願いいたします。

関連記事

プロフィール

ys10_001_blog

このブログの著者:佐野泰教(Yasunori Sano)

1965年4月26日岐阜市生まれ

スポンサードリンク