佐野泰教のブログです。この地球の美しい場所を訪れて、たくさんの素晴らしい人々に出会って、もっと感動したい。

蔵と運河のある風景 愛知県半田市

2014.09.01

8月29日 金曜日

蔵と運河のある風景 愛知県半田市の散策

天気:晴れのち曇り 気温:26.7℃/21.6℃(セントレア)

 

半田市は江戸時代から酢、酒などの醸造業が盛んで、

運河沿いには黒板囲いの醸造蔵が立ち並んでいます。

蔵のまち

レトロな街

 

ミツカンの蔵
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%B3

ミツカンの蔵

 

半田運河

半田運河

 

國盛 酒の文化館

國盛 酒の文化館

 

和食・会席料理 うさぎ屋

和食・会席料理 うさぎ屋
ランチの時間に間に合いませんでしたが、
御案内(お品書き)をいただきました。

御案内(お品書き)より、
半田市堀崎町2-1
TEL:0569-26-6363
営業時間
昼の部 11:00~14:30(14:00オーダーストップ)
夜の部 18:00~22:00(20:00までにご入店下さい。)
※御予約をおすすめします。
※夜の部は御予約がない場合は休業する場合がございます。
水・第2木曜定休
http://hana-to-usagi.com

 

米市商店
お米屋さんの手焼きせんべい
(うさぎ屋さんのすぐ近く)
営業時間に間に合いませんでした。

米市商店
半田市堀崎町1-47
TEL:0569-21-0176
営業時間 7:00~16:00
水・木曜定休
http://www.ittusyou.co.jp

 

新美南吉の生家

新美南吉の生家

 

もう一度、半田運河へ

ミツカンの蔵

 

半田市・半田市観光協会でパンフレットが出されています。

半田市のパンフレット

 

【感想】
レトロな街です。
少しづつ、レトロな場所や建物がなくなったり建てかえられたりしています。

 

【愛知県半田市の見どころ】
<レトロな街や建物、お店>
本日散策した半田市の中心部は約1時間半~2時間の散策、
のんびり歩いて、約2時間半~3時間ぐらいだと思います。
<はんだ山車まつり>
http://www.dashimatsuri.jp/
<博物館「酢の里」>
現在、建てかえ工事中です。
MIZKAN MUSEUMとなり平成27年秋オープン予定です。
<半田赤レンガ建物>
現在、改修工事中です。
平成27年にリニューアルオープン予定です。
<矢勝川堤の彼岸花>
200万本の彼岸花
平成2年のこと、新美南吉と同じ岩滑に生まれ育った小栗大造さんは、
ある壮大な計画を思い立ちました。“南吉がよく散策した矢勝川の堤を
キャンバスに、彼岸花で真っ赤な風景を描こう。”
ただ一人で草を刈り、球根を植えるその姿に、一人また一人と
手伝う人が現れ、やがてその活動は「矢勝川の環境を守る会」へ発展します。
こうして現在では、秋の彼岸(9月下旬)になると東西約1.5kmにわたって
200万本の彼岸花が咲くようになりました。
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/cgi-bin/profile/data.cgi?number=1600

 

【旅費】
駐車場:600円

 

【反省点、良かった点】
出掛けるのが遅くなり、営業時間などに間に合わなかった。
観光協会などの無料のパンフレットは多いに役立ちます。

 

【今後の予定】
9月は、愛知県常滑市、岐阜県多治見市などの予定をしています。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

今後も、

この美しい地球に生まれて

よろしくお願いいたします。

関連記事

プロフィール

ys10_001_blog

このブログの著者:佐野泰教(Yasunori Sano)

1965年4月26日岐阜市生まれ

スポンサードリンク